MRのキャリアプラン

MRのキャリアパスは幅広い

医薬品の業界で仕事をしている方が多い職種がMRです。
医療情報担当者としての位置付けで、病院や医療関連施設などに自社の医薬品に関する情報提供を行なう仕事ですが、一通りの仕事ができるようになり、あなたのスキルが一定のラインにまで達したと思ったら転職を検討してみるのもお勧めです。
MRの方は能力が高い方も多いので、その後のキャリアパスはとても幅広くなっています。
可能性は大きく開けているので、あなたの希望をよく検討してから転職活動を始めると良いでしょう。

MRのキャリアパスの例

MRのキャリアパスとしての例は、まずは再度MRとして仕事をする事です。
これは別の企業に転職して、より高待遇で仕事をするために転職をするというケースになります。
今の企業で順調に収入が伸びていく事が予想できれば良いですが、そうではない場合、転職を検討してみるのも一つの選択肢です。
一通りのスキルを身につけて高い実績を出せるMRの方には、他の企業も高い報酬を払ってでもぜひ来て欲しいという企業も多いです。
そのため、他の企業への転職も一度検討してみると良いでしょう。
あなたのキャリアや実力が認められれば、思わぬ高待遇で迎え入れられる可能性もあります。

次は営業職です。
以前はMRも医薬品メーカーの営業職であるという位置づけでしたが、最近では情報を提供する担当者としての役割となっています。
ですが営業的な側面が残っている場合もあります。
そうした経験を生かして、医薬品メーカーや医療機器メーカーなどの営業職に転職するのもお勧めです。
この場合も高収入になりやすく、成果報酬などが付く企業の場合は年収1000万円レベルが視野に入る事もあります。
今のスキルや経験を生かしつつ、高収入も目指す事ができるので、より高いレベルを目指したい方にはお勧めの仕事です。

また、臨床開発の仕事もお勧めです。
MRは医薬品に関する情報や専門知識を豊富に持っているため、臨床開発の現場でもそうした経験を生かす事ができます。
女性にも働きやすい仕事なので多くの方に適した仕事となっており、落ち着いて仕事をする事ができます。
特にMRの仕事は比較的動き回る仕事なので長く続けにくいという方も多く、そうした方にも人気の職種となっています。

MRの仕事は様々

このようにMRから転職できる仕事には様々なものがあり、ここに挙げた以外にも多くの職種に転職する事ができます。
ぜひあなたも適性などを見極めて、満足のいく理想の転職を目指してみるのもお勧めです。
転職すると新しい環境でまた頑張る事になり、不安になる方もいるかもしれませんが、その分新しい刺激などもあり、成長できる事も多いはずです。

コメント投稿は締め切りました。