薬剤師のキャリアプラン

yakuzaishi

調剤薬局の場合のキャリアパス

薬剤師としてキャリアアップを考える場合、まずは管理薬剤師としての道を目指すという道があります。
管理薬剤師は薬剤師をまとめる立場で、言わば薬剤師の管理職という事になります。
調剤薬局などで他の薬剤師の方をまとめる立場となって仕事をしていきます。
安定して仕事をしやすいので、調剤薬局で勤務していて今後も仕事を頑張っていきたいという方は管理薬剤師を目指すのがお勧めです。

参考:薬剤師の求人・転職・募集| 薬キャリ by m3.com
https://pcareer.m3.com/

調剤薬局は安定していますが、収入の伸びにくいという特徴があります。
高めの水準で安定している薬剤師の収入ですが、調剤薬局の場合はそこからの伸びが小さいので、少し不満を感じる方も出てきます。
こうした時には他の調剤薬局に転職するのも良いでしょう。
大手の調剤薬局などに転職できれば収入がアップする可能性も高く、一通り薬剤師としてのスキルを身に付けていれば可能性としては比較的大きくあります。
薬剤師は女性も多いため、結婚などで退職する方もおり、人手不足になっている薬局もあります。
そうした職場では積極的に人材を募集している事も多いので、求人をチェックしてみるのも良いでしょう。

調剤薬局以外の仕事に転職

薬剤師の職場のメインとなるのは調剤薬局ですが、最近は他の職場でも需要が広がっています。
そのもう一つの主なものとも言えるのがドラッグストアです。
ドラッグストアでは調剤薬局が併設されているお店も多くなっており、薬剤師が調剤業務を行なっています。
そのため薬剤師の資格を生かして仕事をする事ができます。
ドラッグストアでは日用品なども販売されており、薬剤師の調剤業務以外の一般職のような仕事も身につける事ができます。
接客や店舗の管理なども業務の中にあるため、よりビジネスとして幅広い経験を積みたい方にはお勧めの仕事です。
また、新店舗の立ち上げメンバーとして仕事をする機会などもあり、立ち上げはやはり大変な事もありますが、経験としてはとても大きく、調剤業務とはまた違った仕事をする事ができます。

研究も人気

薬剤師の資格を生かして研究の仕事に就くのも人気です。
製薬メーカーなどで薬剤師の方を人材として募集している企業があり、そうした企業で研究の仕事をする事ができます。
研究の仕事は人気でもあり、数がとても少ないので狭き門となっています。
また、薬剤師の方は薬学、化学、医学など、幅広い知識を持っていますが専門的な深い知識に少し欠ける面があります。
求人の内容にもよりますが、研究の内容や仕事の内容に対応していけるかは入念にチェックして検討するようにしましょう。

以上のようなキャリアパスが薬剤師にはあります。
あなたに合った道を検討して、薬剤師としてより良いキャリアを歩んでいきましょう。

コメント投稿は締め切りました。